考え方のクセを直してうつを和らげる認知療法。カウンセリングを受けながら実践していく様子をつづります。


by counselingk

職場のメンバーと会話することを心がける

以前は息苦しいと感じていた職場ですが、最近少しやわらいできたように思います。

僕がカウンセリングを受け始めた頃、カウンセラーから「職場のメンバーにちょっとした気遣いを心がける、あるいは他愛もない話をすることで関係を作るよう努力しましょう」という話がありました。当時はうつがひどく「とてもそんなことはできない」と消極的でした。けれど、最近調子が安定してきたこともあって、意識して会話をするようにしています。

特に苦手としていた女性。彼女は気が強く、こちらが話しかけても固い表情をすることが多かったので、仕事の会話以外はほとんどしませんでした。けれど、最近になって1日1回は他愛もない話をするように心がけています。「今日は暑いね。お昼は外に出たの?」とか。

元来僕は自分の話を一方的にして相手の出方を待つ、という会話スタイルが多かったのですが、彼女に対しては、相手が話しやすい話題を選んで投げかけて、彼女が話し出したらひたすら聞き手にまわる、ということを意識しています。もちろんなかなかうまくいかずに、ついつい自分の意見を言って話を終わらせてしまうことが多々あります・・・

でも1日1回話しかけることによって、少しづつ彼女の態度が変わってきたように思います。そうなるとこちらも話しやすくなって・・・という好循環が生まれて息がつまるような感じがやわらいできたように思います。

[PR]
by counselingk | 2014-11-25 05:00