考え方のクセを直してうつを和らげる認知療法。カウンセリングを受けながら実践していく様子をつづります。


by counselingk

ツレがうつになりまして。



映画「ツレがうつになりまして。」をやっていたので、思わず見入ってしまいました。堺雅人じる「ツレ」が、外資系の企業でノルマ重視の会社の方針と顧客の立場を考える自分の正義感とのはざまでストレスが増し、うつになってしまいます。「ハルさん」こと妻役の宮崎あおいはそんな夫の変わりようにとまどい、励ましたりケンカしたり・・・と混乱しながらも夫を支えようとする姿は思わず涙ぐんでしまいました。

家内と一緒に見ながら「ちょうど8年前はこんなだったね・・・」と僕がうつになった頃の記憶と映像がオーバーラップします。映画ではツレがハルさんに怒りをぶつけたり、自分を責めたり、と怒りのコントロールができない様子が描かれています。「怒りが外に向くと攻撃、内に向くとうつになる」とカウンセラーから教わりましたが、まさにその通りなんだなぁとあらためて感じました。

そして、なによりも大変なのがうつの患者を持つ家族なんだということをあらためて気づかされました。自分を責めてクヨクヨしていたかと思うと、突然怒りを家族に向けてくる。病院の先生からは「患者をはげましたり、責めたりしてはいけない」と注意される。じゃぁいったいどうしたらいいの?と行き場のないストレスを抱え込んでしまうんだと思います。

コミカルたっちで爽やかに仕上げている分、うつの患者を抱える家族の方にぜひ見て欲しいと思います。
[PR]
by counselingk | 2014-12-01 05:00