考え方のクセを直してうつを和らげる認知療法。カウンセリングを受けながら実践していく様子をつづります。


by counselingk

嫌なことを考え出したら意識を向ける対象を変えていく

認知療法を進めていくと、歪んだ認知(白黒思考、~ねばならない、等)のもとになっている中核信念(スキーマ)にたどりつきます。言い換えると「自分はダメな人間だ」というような頑固な思い込みがそれにあたります。僕の場合もこの思い込みを適応的なものに変えていきたいのですが、頭では理解できても実際に変えるのはそう容易くはありません・・・「わかっちゃいるけど、やめられない」という感じです。

そこで参考になるサイトを見つけたのでご紹介します。
http://charm.at.webry.info/201003/article_13.html

ここでポイントとなるのは「そう考えることでやる気や自信、楽しさがなくなっていく考え方からできるだけ離れて、意識を向ける対象を変えていくこと」だと思います。自分の短所ばかりに気がいって悲観的になったら、意識を自分以外に向ける。相手の短所ばかりに気がいって怒りがこみあげてきたら、意識をその人以外に向ける。そういう訓練を重ねていけば、たとえ不快な感情が起こってもそれを必要以上に大きくしなくてもすむようになるのではないでしょうか。

「自分と他者との比較に左右されない適切な自己イメージの確立」という域に達するにはまだまだ時間がかかりそうですが、まずは「意識を向ける対象を変えていく」には具体的にどうすればいいか?ということについて自分なりの方法を探っていきたいと思います。
[PR]
by counselingk | 2015-12-18 05:00 | 嫌なことを忘れる方法