考え方のクセを直してうつを和らげる認知療法。カウンセリングを受けながら実践していく様子をつづります。


by counselingk

すべての「イライラ」を根っこから絶ち切る本



僕はもともと感情を表に出すタイプで、職場でもちょっとしたことでイライラが顔に出てしまいます。まわりの雰囲気を悪くするし、イライラしない方法について考えてみました。

現在通っているカウンセリングでは怒りのコントロールをテーマに取り組んでいます。トレーニングを続けることで、大きな怒りを相手にぶつける場面はかなり減ってきたのですが、小さなイライラはなかなか減りません・・・

たいていの場合、職場の人間関係が原因となっていて、「~するべきだ」という相手への過度の要求がイライラを引き起こしています。

・ミスをするべきではない
・自分は丁寧に扱われるべきだ
・話は短く、要点を明確に伝えるべきだ
・約束は守るべきだ

というような考え方を、もう少し柔軟なものに変えて行きたいのですが、なかなかうまく行かないのが実態です・・・

「すべてのイライラを根っこから絶ち切る本」では、本来あるべき状態と違うことが起こると違和感を覚え「イラッとする」。これは心身を守る防御本能で当然の現象である、と説明しています。これに対して「イライラする」になると、その状況を何度も思い出したり「どうしてあんなことがおこったんだ」と繰り返し考えることで自ら生み出しているもの。つまり「イラっとする」は正常な反応で、「イライラする」は自分でコントロールできる反応と区別しています。

「まずあるがままを受け入れる。そして次に、受け入れた上でよりよい対策案を練っていく。」これを上手くトレーニングできれば、イライラしない方法につながっていくのではないでしょうか。
[PR]
by counselingk | 2015-01-25 05:00 | イライラしない方法