考え方のクセを直してうつを和らげる認知療法。カウンセリングを受けながら実践していく様子をつづります。


by counselingk

このブログをはじめてご覧になる方へ

「カウンセリングでうつを治そう」へお越しいただきありがとうございます。

僕はもともと薬を飲むことに抵抗があるタイプの人間で、自分のうつを治すことについても、薬以外の方法を考えていました。同様の考えをもつ人の参考になれば幸いです。

僕が「抑うつ状態」と診断され、会社を7ヶ月間休職したのが30代前半の頃になります。復帰後数年経過し、会社そして家内の理解により、なんとか元のように仕事をこなせるようになってきました。今でも当時お世話になった上司、病院の先生、なによりも献身的に僕を支えてくれた家内には感謝の気持ちでいっぱいです。

このブログは当時の闘病の様子を振り返るものではありません。というのも、「うつ」というのはやっかいな病気で、いったん回復してしまうと当時の辛い感覚を「コロッ」と忘れてしまうんです。のど元過ぎれば熱さを忘れる、といえばご理解いただけるでしょうか。そしてまた繰り返してしまいます。

うつになった当初は、人間関係が悪い、とか、自分はこの仕事に向いていない、と自分よりも環境のせいにしていた節がありました。けれど、うつに対する理解を進めていくうち「どうもまわりのせいではないらしい。それよりも自分の思考パターンに変なクセがついてしまっているのが原因のようだ。」と考え出しました。

幸いにも認知療法を実践するカウンセラーに診て貰えるチャンスを得、ならばその過程を記録することにより、同じ悩みを抱えた人たちの参考になれば、という想いで開設の運びとなりました。個人的な気持ちとしては、現在うつの真っ只中にいる方よりも、比較的快方に向かい次の予防を考えている方にみていただければ、と思っています。



[PR]
by counselingk | 2014-12-07 05:00