考え方のクセを直してうつを和らげる認知療法。カウンセリングを受けながら実践していく様子をつづります。


by counselingk

認知療法の効果はすぐにあらわれるか

カウンセリングは8回目です。

僕「不快な感情におそわれた時の自動思考を合理的思考に代えることで、一時的に感情がやわらいでも、じきに元の自動思考に戻ってしまいます。まるで吸い込まれるように・・・」

カウンセラー「なるほど。それでは何かスポーツに例えてみましょう。例えばあなたが我流で30年間ゴルフをやっていて、スイングフォームのクセを直すためにコーチについたとしましょう。正しいフォームを教わってそれをすぐにマスターすることはできますか?」

僕「いいえ。おそらくすぐに元のクセのあるフォームに戻ってしまうでしょう。そして、やっぱり自分には無理なんだ、と諦めてしまうかもしれません。」

カウンセラー「そうですよね。長年にわたって身につけたクセはなかなか直すことが難しいものです。そこで訓練が必要になります。正しいフォームでスイングする練習をして、また元のクセにもどってしまったら、コーチに聞く。そしてまた練習して、わからなくなったらコーチに聞く。これを忍耐強く続ければ、時間はかかっても正しいフォームが身につくと思いませんか?」

僕「なるほど。認知療法も同じ、ということですね。考え方の切替方法を学び、何日かたってずれてきたらカウンセラーに指摘してもらう。そして指摘された点を繰り返し練習する。」

カウンセラー「そうですね。あきらめないで続けることが大事です。すぐにうまくいかなくてもあきらめない。仕事でも何でも同じではないでしょうか。」

なるほど。普遍的な真理は認知療法でも同じなんですね。まだ8回しかカウンセリングを受けていないのに、30年以上経って身に着けた考え方のクセが直るはずはありません。訓練、そしてまた訓練ですね。けれど、うつの苦しみから解放されるなら、けっして辛いものではないはずです。

嫌な人との付き合い方へ>>
[PR]
by counselingk | 2017-10-12 05:00