考え方のクセを直してうつを和らげる認知療法。カウンセリングを受けながら実践していく様子をつづります。


by counselingk

認知療法の中核信念とは

カウンセリングは17回目になります。認知療法をはじめてちょうど1年経過したところです。

今までは思考記録表を使って、自動思考を理性的思考に修正する訓練を続けてきたのですが、何枚も書き続けるうちに共通のパターンが見えてきました。そこで、下記のような「認知的概念図」を使って自動思考からより深いレベルの信念を導きだす作業をカウンセラーと一緒に行ないます。

-------------------------------------------------------------------------------
<認知的概念図>
クライエント名:      日付:

●関連する幼少期の体験
どのような体験が、中核信念を形成し、維持しているのだろうか?

●中核信念
患者において最も中核的な信念は何か?

●条件付の思い込み/信念/ルール
患者が中核信念に対処するのに役立つポジティブな思い込みは何か?
この思い込みと対照的なネガティブな思い込みは何か?

●埋め合わせ戦略
どんな行動がその信念に対処するために役立っているだろうか?

●状況1
問題となる状況は何だろう

●自動思考
そのとき頭にある考えは

●自動思考の意味
患者においてその自動思考はどんな意味をなすのか

●感情
どんな感情がその自動思考に関連しているのか

●行動
その後、どんな行動が選択されるのか


参考文献:認知療法実践ガイド基礎から応用まで―ジュディス・ベックの認知療法テキスト
Judith S. Beck 伊藤 絵美 神村 栄一
479110546X


------------------------------------------------------------------------------------

僕の場合、今まで書いてきた思考記録表から下のような「条件付の思い込み」が明らかになってきました


・失敗したらダメな人間だと思われてしまう
・見下されるのはダメな人間だ
・約束を破るのはダメな人間だ


カウンセラー「これらを一般化すると、自分がどんな信念を持っているといえますか?」

僕「うーん・・・自分はダメな人間だ、という信念でしょうか・・・」

カウンセラー「そうですね。ただこれはあなたがダメな人間ということを証明したわけではなく、自分の思い込みが明らかになった、ということです。人に見下された態度をとられると必要以上にイライラしたり、うつに陥いったり、というのはどうもこの信念がネックになっているようです。ではこの中核信念をどうすればいいと思いますか?」

僕「もっと合理的な信念に変える、ということでしょうか?」

カウンセラー「そうです。もっと言うと「自分はダメな人間という訳ではない」といったようなものに変えられればいいと思います。」

僕「いや・・・しかし・・・そうは言っても信念を変えるにはそうとうな時間がかかるのでは?」

カウンセラー「あなたはここにたどりつくまでに、1年間カウンセリングを受けて少しづつ変わってきています。ですから今急に変えるわけではないんですよ。まずは次回までの宿題として、自分がダメな人間と思う証拠、そうでないと思う証拠をそれぞれ書き出してきて下さい」


「自分はダメな人間だ」と思っていたなんて・・・中核信念にたどりついたときはちょっとショックでした。どちらかと言うと自分はまわりの人よりも優れていると思ってたんですが、実は逆だったんですね・・・自分がダメな人間ということがバレないように、相手を見下す、という行動パターンを身に付けていたのかもしれません。けれど中核信念が明らかになったことで、自分にうそをつく必要がなくなったせいか、少し気分が楽になったような気がします。
次のページ>>

カウンセリングでうつを治そう>目次>>
[PR]
by counselingk | 2017-10-09 05:00